• 資料請求
  • 来場予約

BLOGスタッフブログ

2020.06.23

R+house京都宇治:高性能な健康住宅=『いい家』~健康と住宅性能の密接な関係~

R+house京都宇治モデルハウス

皆様、こんにちは。

営業/福留です。

 

最近も変わらずコロナウイルスのニュースが毎日流れております。

緊急事態宣言が段階を踏みながら解除され、

東京でも一旦停滞していたコロナウイルスの

新規感染者数が増加傾向にあります。

 

まだまだ世界的にも予断を許さない状況ではありますが、

私達も引き続き感染予防対策を行いながら、

日々の業務を行っておりますので、

ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。。

 

それでは、今回のブログの本題に移っていきます。

 

下記のブログは、弊社に新しく入社した

広報の松尾のブログですが、

もうご覧になられたでしょうか?

 

R+house京都宇治:健康住宅~あなたのその家、本当に「いい家」ですか?~

 

このブログの中で、

『いい家』

と言う、ワードがあります。

 

短い言葉ではありますが、

非常に奥が深く、住宅業界に携わる一人として、

『いい家』の答えに、

永遠に辿り着けないようにも感じる程に、

奥深い言葉です。

 

しかしながら、

私も入社してから数多くの社内研修や勉強会、

専門家の先生によるセミナー、

実際にR+houseに在籍している建築家の先生方の

お話を聞いていく中で・・・

この『いい家』の答えに近づく事は可能だと思います。

 

そのヒントになる、興味深い、

下記 ↓ ↓ ↓ の記事をご覧になってください!

 

withコロナ/アフターコロナ時代の住宅に関する意識調査

※出典:新建ハウジングDIGITAL(2020/6)

 

R+houseの本部、ハイアス・アンド・カンパニーが

実施した調査報告です。

 

”その調査結果の中で、

「新型コロナウイルスの予防や

 感染防止にも関わる、

 住まいの性能と家族の健康」

についての質問である旨を提示した上で、

住まいの性能と家族の健康には関係が

あることを知っていたか尋ねたところ、

 

聞いたことがない」56.3%

「聞いたことはあるが、詳しくは知らない」が37.5%、

「聞いたことがあり、詳しく知っている」が6.2%だった(下グラフ)。

「聞いたことがある」(「聞いたことがあり、詳しく知っている」

または「聞いたことはあるが、詳しくは知らない」)とした人を対象に、

住宅の性能に関連する言葉について調査したところ、

「ヒートショック」と「住宅内の熱中症」は、6~7割程度が聞いたことのある言葉だと回答。

「高気密高断熱住宅」を聞いたことがある人は半数程度だった。

しかし、建物の断熱性能を示す「UA値・Q値」については2割程度にとどまった。

自然環境の力を利用する工夫がされた建物を指す「パッシブハウス」、

建物の気密性能を示す「C値」に至っては、2割に満たないという結果だった。

一方で、住まいの性能と健康の関係について

「聞いたことがあり、詳しく知っている」と答えた人だけに限ると、

「パッシブハウス」を聞いたことがある人は約3割。

「C値」は約5割、「UA値・Q値」は約6割となった。

 

回答者に、「C値と換気性能の関係」を示した画像と、

「断熱性能の高い家に転居後の有病率の低下」を示した画像(下図)を見せ、

関心を持った内容(画像)を尋ねたところ、

住まいの性能と健康の関係について「聞いたことがない」とした人では、

「C値と換気性能の関係」に関心を持った割合は21.9%だった。

同じく「断熱性能の高い家に転居後の有病率の低下」に興味を持った割合は26.6%。

いずれの内容にも関心を持たなかった割合は65.1%となった。

しかし、住まいの性能と健康の関係については「聞いたことがない」が、

「自らの健康には、常に気を使う」(個人の価値観に関する質問での回答)とした人に限ると、

30%以上がどちらの内容にも関心を示した。

調査結果から、同社では、withコロナ/アフターコロナにおいて

「健康に暮らす」ということへの関心が高まる中、

住まいの性能と住まい手の健康には大きな関係があることが

詳しくは知られておらず、住宅業界からの情報提供はまだ不十分だとし、

実験などで既に証明されている

「健康な暮らしを送るためには高性能な住宅が不可欠である」という情報を、

住宅検討者だけではなく、一般の生活者にも適切に継続的に提供し、広めることが必要だとした。

 

同調査では、個人にあてはまる価値観についての質問も実施。

個人の価値観としては、「信頼すべきは友人より家族」(55.4%)、

「あくせく働くよりも、のんびり日常を過ごすことのほうが幸せ」(52.8%)

「自らの健康には、常に気を使う」(42.8%)

との回答が多かった。

ビフォーコロナからの変化を比較することはできないが、

外出自粛要請を受けて自宅で家族と共に過ごす時間が増えたことが

影響を及ぼしているのではないかと推察している。

調査期間は5月21日~22日。全国の一般生活者を対象に、インターネットアンケートを実施。回答数は341。”

※出典:新建ハウジングDIGITAL(2020/6)

 

この記事でもわかるように

健康と住宅性能には

まだまだ広く知られていない事が

データでもおわかり頂けたと思います。

 

大切な家族が、過ごす家だからこそ、

家族にとって、

 

『いい家』

 

とは、何なのか・・・

 

先ずは、

 

『いい家』

 

を知る事が、大切です。

 

安易に価格だけで判断してしまう・・・

ローコスト住宅や建売住宅ではなく、

将来的なトータル総コストを試算した上で、

いま一度、『いい家』について、

考えられてみてはいかがでしょうか。

 

R+house京都宇治/住宅相談会~オンライン相談会~6月-②

 

建物、土地、資金・・・

お気軽にご相談くださいませ。

 

資 料 請 求

 

来 場 予 約

 

モデルハウス♥ ~完成見学会~

R+house京都宇治のモデルハウスは、吹き抜けと広いリビングが特徴!!!

注文住宅は、より考え、その工夫された内装だけでなく、外観にも注目!!!

分譲・注文共に、こだわりの詰まったモデルハウスですので、事前にご予約頂ければ、

内覧もできますので、お気軽にお問合せ頂き、ご家族でご来場ください。

インスタグラム♠ ~素敵なモデルハウス画像も更新していきますよ~

上記をクリックしていただくか、

下記のアドレスから検索してみてください。

https://www.instagram.com/rplushouse_kyotouji/