CONSTRUCTION構造・工法

確かな基本性能
安心・安全な住まい。

         
耐震等級3

在来軸組パネル工法

在来軸パネル工法

「在来軸組パネル工法」は、「在来軸組工法」の利点を生かしつつ、2×4工法の強さを兼ね備えた工法です。従来の在来軸組工法は、地震や台風の際に住まいが受ける横からの力に弱いというデメリットがありましたが、「在来軸組工法」では2×4工法で使用される構造用合板を軸在と軸在の間に張り付けて強度を高めることで、より丈夫な構造を実現します。また設計の自由度も高く、増改築も比較的容易にできます。

150mm基礎

150mm基礎

ベタ基礎

確かな耐久性と強さを持つ住まいを作るために、基礎の施工方式は建築部分を全面に鉄筋コンクリートを敷き詰める「ベタ基礎」を採用しています。また、基礎の素材となるコンクリートは防湿効果があり、建築部分の土壌から発生する湿気を遮断します。

基礎パッキン

従来の一般的な住宅では床下換気のため、基礎に開口部を設けていましたが、建物の負荷が開口部にかかるため、建物の強度と耐久性に問題が生じていました。ライフ不動産では、基礎に開口部をなくして、建物と土台の連結部分に基礎パッキンを挟むことで、基礎の強度を高め、全周面からの換気が可能となり、床下の入り組んだコーナーの隅々まで換気することができる「基礎パッキン工法」を採用しました。

地盤調査

地盤調査

ライフ不動産では、「スウェーデン式サウンディング」と呼ばれる地盤調査方法で、特殊なキリのような器具を土に差し込み、一定の深さまで到達する時間と回転数によってその地盤の固さ(地耐力)を計測。必要に応じて表層改良などの地盤改良や建物基礎補強を行い、更なる地盤・基礎の安定性を確保します。

優れた耐震性と耐久性

優れた耐震性と耐久性

長年の建物の変形にも抵抗できるよう、在来軸組パネル工法では地震や台風によって建物に生じる力を軸組の全体で負担するのではなく、そのなかの耐力壁と言われる部分で負担しています。さらに、地震時などに力が集中する土台と柱、柱と梁などの接合部分には、それぞれの特性に応じた構造接合金物を採用。高い強度と耐久性を誇る金物が、構造躯体をがっちりと緊結します。

断熱

断熱

断熱材

ライフ不動産では、断熱材にグラスウールを採用しています。床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用でき、厚みが増し、密度が高くなるほど優れた断熱効果を発揮する素材です。また、無機質素材のため、不燃性が高く経年劣化、耐久性にも優れています。

Low-E 複層ガラス

高い断熱効果があり、紫外線カット・防犯・防火の機能を備えているペアガラスを採用しています。

外装材

外装材

屋根は快適な住空間を提案するニスクブランドのスタンダードカラー銅板です。耐久性に優れ、遮熱及び耐汚染機能を標準装備しています。
外壁材は、住まいの寿命はもちろん、住まいの印象を左右する大切な素材。材質、色、デザインなど豊富に取り揃えた中からお選びいただけます。