R+house 京都宇治

宇治市で注文住宅,新築,一戸建,リフォームならライフ不動産

新型コロナウイルスを含む感染症の予防対策について

快適に暮らす

住みやすい家とはどんな家でしょうか?
夏は涼しく、冬は暖かく、丈夫。R+houseはそんな住宅を実現します。

R+houseの住宅は「高気密・高断熱・高耐震」

大切な家族の住まいは、デザインが好みでも室温環境が整っていないと価値がありません。
“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」、耐久性の高い木造住宅を実現する「高気密性」、地震大国と言われる日本だからこそ気を配りたい「耐震性」について紹介します。

気密性と換気が効率良く機能する省エネ仕様。

大切な家族の住まいは、デザインが好みでも室温環境が整っていないと価値がありません。健康で快適に長く暮らせる住まいを叶える住宅性能をご提案します。

外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない高断熱

  • 高断熱性

    住宅の壁・床・天井などといった外部と接する部分を断熱材や、壁面の幅を広くするなどの断熱工事で外部と内部の熱エネルギーの行き来を少なくした状態を「高断熱」と言います。冷暖房効果が高いため環境への負荷も少なく、光熱費も抑えることができるので家計にも優しい省エネな住宅です。

  • 高断熱住宅の性能指数は「Q値(熱損失係数)」と
    「UA値(外皮平均熱貫流率)」で表します。

    住宅の断熱性を示す数値で数字は小さいほど性能が優れています。一般的なIII地域、Ⅴ・Ⅵ地域(東北の一部から九州の一部)までは下記となり、「R+house京都宇治モデルハウス」は基準値を大きく下回り、断熱性能の高さを示しています。

熱損失を最小限にし、冷暖房効率を高める高気密

  • 高気密住宅とは?

    精度の高い建築部材や、気密テープなどを使って住宅の屋根や壁面、サッシュの隙間を減らすことで、住居内の熱損失を減らします。断熱と併せて冷暖房効率を高め、エネルギーコストを削減できる効果があります。

  • 高気密住宅の性能指数は「C値(相当すき間面積)」で表します。

    住宅の気密性を示す数値は0に近いほど性能が優れており、日本の一般レベルは5.0㎠/㎡です。「R+house京都宇治モデルハウス」は基準値の1/5以下の高気密住宅です。

熱損失を最小限にし、冷暖房効率を高める計画換気

  • 熱交換型換気システム「澄家Eco」(第1種熱交換型換気システム)

    PM2.5にも対応した第1種熱交換システム。床下に設置することでモーター音が響きにくく熱効率は業界トップクラスで非常に省エネな機種。誰もがメンテナンスしやすい仕様でいつまでも初期性能を維持できます。

    動画でCheck!

安心安全の長期優良住宅を標準装備。基準以上「耐震等級3」の耐震性。

長期優良住宅は、「耐震性」「省エネルギー性」など、法律で定められた8つの基準を満たした長持ちする家です。 国土交通省によると、平成29年度一戸建て住宅の長期優良住宅導入率は24.6%。「R+house」では、これらを標準装備として推進し、耐震性においては基準を上回る「耐震等級3」を取得する等、将来に亘って住宅の資産価値を保ち、住まう方の安心安全をサポートします。

  • 01耐震性
    建物がどの程度の揺れの地震まで倒壊、崩壊しないかを評価する指標。当社では長期優良住宅の基準を上回る「耐震等級3」を取得しています。
  • 02劣化対策
    数世代、約100年程度にわたって住宅の構造躯体が使用できるよう対策が講じられていることを示す「劣化対策等級3」相当の構造を採用しています。
  • 03維持管理更新の容易性
    構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置を講じています。
  • 04省エネルギー性
    現行のエネルギー法に適合し、かつ環境と家計にも配慮するために必要な断熱性能等の省エネルギー性能を確保するために「断熱性能等級4」を取得。
  • 05維持保全計画
    建築の時点から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていることが適合の基準となります。「R+house」では独自の定期点検プログラムを実施することで、この要件を満たしています。
  • 06居住環境・住戸面積
    良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮し地区計画、景観計画、条例による街並等の計画、建築協定、景観協定等の区域内にある場合には、これらの内容と調和を図ります。
優れた耐震性

日本という風土の中で、家が果たす役割は、自然災害から家族を守ること。地震大国と呼ばれる我が国で、どのような技術であれば家族の安全が守られるのか?家族の健康を支えながら、安心して安全に住める家づくりをすることが大切です。R+houseは2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。

建築士の厳密なチェック
R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。
  • CHECK 1建物への荷重
    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。
  • CHECK 2風圧力
    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。
  • CHECK 3地震力
    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。
  • CHECK 4接合部の確認
    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。
  • CHECK 5基礎の設計
    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。
  • CHECK 6偏心率
    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。
“面”全体で力を支えるパネル工法
R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

MODEL HOUSE

高気密・高断熱・高耐震な、
「京都宇治モデルハウス」

  • 詳しく見る
  • 来場予約