新型コロナウイルスを含む感染症の予防対策について

BLOGスタッフブログ

2020.12.23

R+house京都宇治:健康住宅~断熱・気密のすぐれた技術をもつ住宅会社の探し方①~

R+house京都宇治・城陽

皆様こんにちは!広報の松尾です☻

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日のブログは、「住宅会社の探し方」についてのお話です🏠

断熱・気密のすぐれた技術をもつ住宅会社の探し方

多くの人にとって最大の資産であると同時に、

毎日の暮らしと大切な家族の健康の基盤となるのが、家です。

そんな大切な家を建てるのだから、できれば腕のいい大工や業者に依頼したいものです。

そこで重要になるのが、住宅会社選びです。

注文住宅を建築した人を対象に行われた

「ハウスメーカー・工務店選びで重視したいポイントとは?」

というアンケート調査があります(住まいるコンシェルジュ調べ)。

回答を多い多い順に並べると、

「対応面」42.5%、「費用面」18.9%、

「実績面」15.1%、「機能面」12.3%、「評価、口コミ面」11.3%でした。

本書をここまで読み進んでこられた人なら、

「住宅を買うとき最も重視されるべきは、『実績面』や『機能面』じゃいないの?」と思われるはず。

ところが、現実には「対応面」で住宅会社を選んだという人が、半数近くを占めています。

やや乱暴な言い方になってしまいますが、多くの人が「質の高い家づくりができるかどうか」より

「営業マンがいい人かどうか」を重視して住宅会社を選んでいるわけです。

明確な基準がないので、選ぶことができない

もちろん、どの業種・業界であろうと、

営業マンが顧客に不愉快な対応をするような会社は論外です。

しかし、それを一番に重視するのはいかがなものでしょう。

そもそもある程度の事業規模を持つハウスメーカーの営業マンには転勤が付きものです。

どんなに相性がよくても、末長くお付き合いしていけるとは限りません。

相性を重視するなら、建築後にもコミュニケーションをとる機会が多い

アフターサービスの担当者がどんな人か見きわめておくほうがいいでしょう。

なぜ多くの人が、家づくりの本質とは関係のない理由で

住宅会社を選んでしまうかといえば、

どういう視点で選ぶのが正しいのか、

はっきりした基準がないのが大きな理由でしょう。

住宅会社を回っていると、

対応に出てきた営業マンが必ず自社のセールスポイントをアピールしてきます。

「うちはデザイン重視。こんなにおしゃれな家です」という会社があれば、

「とにかく頑丈で地震に強いので安心です」という会社もあり、

「他社より必ず安く建てます」を売り文句にする会社まであります。

でも顧客は選び方の基準をもっていないから、

どのセールスポイントも同じように魅力的に聞こえてしまい、優劣の判断がつきません。

結局、「親切な営業マンだから信頼できそう」と印象に頼ってしまうのです。

そうして選んだ業者に高品質の住宅を建てるだけの技術がなく、

あとで「あんな住宅会社に頼むんじゃなかった」

なんてことになっては目も当てられません。

優良な住宅会社を選ぶ基準とは

一つ喜ばしいのは、家を建てることを考えている人たちの間で、

どういう視点で住宅会社を選べばいいのか知りたいという意識が高まっていることです。

実際、私たちが主催する「賢い家づくり勉強会」というセミナーで

「住宅と住宅会社を選ぶモノサシを持ちましょう!」という話をすると、

みなさんとても熱心に耳を傾けてくれます。

では「優良な住宅会社を選ぶモノサシ」とは何か?

ひと言でいえば「質問すること」です。

都合のいい説明や甘いセールストークにつられることなく、

こちらが聞くべきポイントを尋ね、答えを求めることです。

実は、このヒアリングである程度、住宅会社の良し悪しを測ることができます。

断熱と気密に関わる技術力をチェック

では、どんな質問をすればいいのか。

まず欠かせないのは、

これまで繰り返しその重要性を説いてきた

住宅の断熱性を示すQ値やUA値、気密性を示すC値です。

これらは、その住宅会社の技術水準を測る目安になります。

その住宅会社が過去に手がけてきた物件の平均値を、尋ねてみましょう。

こちらから質問する前に説明してくれる業者は◎、

聞けば即座に答えてくれる住宅会社だったら〇、

すぐに数字が出てこず、

「次回までに調べておきます」などと言うような住宅会社は×です。

設計段階では、構造計算を依頼してみましょう。

安い値段で快くやってくれるのは、構造計算をやりなれている会社です。

時間がかかると渋ったり、

「50万~60万円くらいかかりますが、本当によろしいですか」

などと高値をふっかけてくる会社は、プロ意識が薄いと見るべきです。

費用の面でも、住宅は建てたあとも長期的にお金がかかります。

契約前から、そうした説明をきちんとしてくれるなら、むしろ良心的。

さもお金がかからないように言っておいて、

あとからこまごまと請求する住宅会社もあるからです。

適切なコスト感覚で貴重なお金を正しく使い、長持ちする家を建て、

適切なメンテナンスをしてくれるパートナーを探さなければなりません。

前述しましたが、2020年の省エネ新基準を理解していない業者や、

地盤改良工事でセメント系固化材を使うと発がん性物質の六価クロムが

発生する危険をきちんと説明しない住宅会社も、現実にいるのです。

そうした住宅会社をつかんでしまわないためにも、

契約を結ぶ前にしっかり質問しておくことが欠かせません。

※出典 『トクする家づくり損する家づくり』柿内和徳 川瀬太志[著]ダイヤモンド社

 

💡過去の豆知識ブログ📚

マイホーム、そろそろの方も、まだまだ先の方も、読んでいて損はない内容ばかりですよ(^^)/

・健康住宅~家歴書と構造計算で安心・安全な住宅の価値を守る~

・健康住宅~家の土台から熱を断つと効果が高くなる~

・健康住宅~地盤改良工事のやり方によっては健康リスクが生じることも~

・健康住宅~地盤改良の費用と手間はぜったいに惜しんではいけない②~

・健康住宅~地盤改良の費用と手間はぜったいに惜しんではいけない①~

・健康住宅~気密が高くなると換気が悪くなるという間違った思い込み~

・健康住宅~数値通りの断熱性能が発揮できるかどうかのカギは気密性にあり~

・健康住宅~断熱材によっては期待通りの性能を発揮しないこともある~

・健康住宅~住宅の価値は性能を表す数値に注目することで見極められる~

・健康住宅~ちょっとした違いが大きな性能差を生む窓ガラスやサッシ~

・健康住宅~国の政策が住宅の寿命を短くした~

・健康住宅~その「ゼロエネルギー住宅」、ほんとうに環境にやさしいですか?~

 

R+house京都宇治instagram

随時更新中~

コチラでしか見れない動画📹写真📷たくさんアップしてます✨

気になった方、是非フォロー・いいねお願いします👍💛

➡➡@rplushouse_kyotouji 

R+house京都宇治モデルハウス

~完成見学会~

R+house京都宇治

R+house京都宇治のモデルハウスは、吹き抜けと広いリビングが特徴!!!

注文住宅は、より考え、その工夫された内装だけでなく、外観にも注目!!!

分譲・注文共に、こだわりの詰まったモデルハウスですので、事前にご予約頂ければ、

内覧もできますので、お気軽にお問合せ頂き、ご家族でご来場ください👪

こちらのブログ記事で素敵な内装のお写真も見れますので是非✨

来場予約する🏠 or 資料請求する📚

来場予約はメールやお電話でも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ🌷

====================

宇治市で注文住宅・新築・一戸建て

リフォームのご相談ならライフ不動産へ

所在地.京都府宇治市小倉町久保114番地1

TEL.0774-20-4646 FAX.0774-20-4445

【E-mail:lifeup@miracle.ocn.ne.jp

====================